宇陀市で糖尿病内科をお探しなら | 山本診療所 | 糖尿病内科

内科・外科・小児科・整形外科・糖尿病内科・リハビリテーション科

駐車場あり 駐車場あり

奈良県宇陀市榛原ひのき坂2丁目1-9

0745-82-6707

糖尿病内科

糖尿病とは

糖尿病は、高血糖の状態が慢性的に続く病気です。高血糖が続くと、血管をはじめとする全身の組織に様々な悪影響が及びます。

運動不足になりがちなライフスタイルや食生活の欧米化に伴い、糖尿病の患者数は増加し続けており、糖尿病予備軍も含めると日本国内の患者数は2,000万人以上と言われています。

糖尿病の原因

血糖を下げるホルモンであるインスリンの作用不足が原因です。

  • インスリン分泌不全⇒ 膵臓から分泌されるインスリンが減る
  • インスリン抵抗性⇒ 肝臓、筋肉、脂肪組織などにおけるインスリンの効きが悪くなる
糖尿病の原因
  • 1型糖尿病(自己免疫機序により、インスリン分泌不全になるタイプ)
  • 2型糖尿病(主に生活習慣の乱れが原因となるタイプ)
  • 妊娠糖尿病(妊娠中に認められる糖代謝異常)
  • その他糖尿病(遺伝子異常やその他の疾患等に伴うもの)

糖尿病の症状

口渇、多飲、多尿、体重減少、疲れやすいなどと言われていますが、一般的には自覚症状は出にくく、合併症が進行してから慌てて医療機関に受診する方がたくさんいらっしゃいます。

治療

食事療法と運動療法が糖尿病治療の基本です。これらを続けても治療目標が達成できない場合に、内服薬やインスリン製剤などを使います。新薬もたくさん開発されてきていますので、ご自身の状態に合った薬を選択する必要があります。

1型糖尿病

インスリンを産生する膵臓の細胞(膵β細胞)が、ある時から破壊されインスリン分泌不全におちいる疾患です。若いうちに発症することが多く、子どもにも少なからず発症がみられます。

1型糖尿病の症状

1型糖尿病では、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が極端に低下するため、血糖が異常に増加し、糖尿病性昏睡などの重篤な症状を引き起こしかねない状態になります。

1型糖尿病の治療

1型糖尿病の治療は、インスリン注射が基本です。
インスリンを補充することで血糖コントロールが可能で、発症前と同様の生活を送ることができます。

また現在、インスリン補充以外の治療法としては「膵臓移植」もあります。さらに先進的な医療としては「膵島移植」や「人工膵島」、さらには再生医療や遺伝子治療などの研究も進められています。

2型糖尿病

生活習慣による影響が強く現れるタイプの糖尿病です。
加齢や遺伝的要因、食べ過ぎ、運動不足、肥満、ストレス、妊娠などが要因となります。なかでも食べ過ぎと運動不足による肥満は、2型糖尿病の最大の引き金と言われています。日本における糖尿病患者の95%以上は、2型糖尿病です。

2型糖尿病とは、体を動かすエネルギー源であるブドウ糖を細胞がうまく取り込めなくなり、血液中にブドウ糖が溢れてしまう病気です。

通常なら、インスリンがしっかり働き、血液中のブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギー源にしたり、あるいは脂肪やグリコーゲンという物質に変えて筋肉や肝臓に蓄えたりします。2型糖尿病の本態はインスリン分泌不全に加え、インスリン抵抗性が併存しています。

重度になると、血糖コントロールが難しくなり、合併症も招きやすくなるので、早期に発見し、治療を開始することが大切です。

2型糖尿病の検査

血液検査や経口糖負荷試験などによる慢性高血糖の確認、および症状、臨床所見、家族歴、体重歴などを参考にして、総合的に判断します。 また、糖尿病は初期のうちは自覚症状がほとんどありませんので、患者様の病状を把握するためには血糖やHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)の値を定期的に検査していく必要があります。

*HbA1cとは

血糖値が高くなると、ブドウ糖が赤血球中のヘモグロビン(Hb)と結合します。これがHbA1cと呼ばれるもので、血糖値が高ければ高いほど、この値も高くなります。ヘモグロビンの寿命が長いため、HbA1cは過去1~2ヶ月における血糖の平均的な状態を示すと考えられています。HbA1c値は糖尿病治療において最も大切な管理指標となっており、合併症の進行との関連性も深く、7.0%未満(NGSP値)が一応のコントロールの目安となります(※具体的な数値目標は、年齢や罹病期間、臓器障害の有無などによって異なってきますので、主治医にご確認ください)。

2型糖尿病の治療

糖尿病は、血糖値の正常化、それとともに体重や血圧、脂質も良好な状態に保つことで、細小血管合併症(網膜症、腎症、神経障害)や大血管障害(冠動脈疾患、脳血管障害、末梢動脈疾患)を予防して健康を保持することは十分に可能です。そして、健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持、および寿命の確保も可能になります。

そのためには、継続的な「血糖コントロール」が重要です。まずは食事・運動療法を行います。これだけで正常値になる患者様もいらっしゃいます。糖尿病が進行した場合や、食事・運動療法だけでは血糖値が下がらない場合には、内服薬による治療やインスリン療法を行うことになります。

インスリン療法について詳しくはこちら

2次性糖尿病

1型・2型糖尿病以外に、「2次性糖尿病」というタイプもあります。
2次性糖尿病は、他の病気が要因となって起こる糖尿病のことを言います。つまり、何か基礎疾患があり、その疾患のせいで糖尿病になってしまうタイプです。そうした疾患には様々なものが知られていますが、内分泌疾患、肝疾患、膵疾患などの他、薬物(ステロイド等)による副作用なども原因になります。

2次性糖尿病の治療

2次性糖尿病では、糖尿病の治療と並行して基礎疾患を治療する必要があります。基礎疾患が改善すれば、多くは糖尿病の状態も安定し、適正な血糖コントロールが可能になります。

妊娠糖尿病

妊娠中に発見された糖代謝異常を「妊娠糖尿病」と言います。

妊娠中の糖代謝異常

妊娠中に取り扱う糖代謝異常には、「妊娠糖尿病(GDM)」「妊娠中の明らかな糖尿病」「糖尿病合併妊娠」の3つがあります。
これら妊娠中の糖代謝異常は、次の診断基準により診断します。

妊娠糖尿病(GDM)
75gOGTTにおいて次の基準の1点以上を満たした場合
(1)空腹時血糖値≧92mg/dL
(2)1時間値≧180mg/dL
(3)2時間値≧153mg/dL
妊娠中の明らかな糖尿病(※1)
以下のいずれかを満たした場合
(1)空腹時血糖値≧126mg/dL
(2)HbA1c値≧6.5%
* 随時血糖値≧200mg/dLあるいは75gOGTTで2時間値≧200 mg/dLの場合は、妊娠中の明らかな糖尿病の存在を念頭に置き、(1)または(2)の基準を満たすかどうか確認する。(※2)
糖尿病合併妊娠
(1)妊娠前にすでに診断されている糖尿病
(2)確実な糖尿病網膜症があるもの
  • 1 妊娠中の明らかな糖尿病には、妊娠前に見逃されていた糖尿病と、妊娠中の糖代謝の変化の影響を受けた糖代謝異常、および妊娠中に発症した1型糖尿病が含まれる。いずれも分娩後は診断の再確認が必要である。
  • 2 妊娠中、特に妊娠後期は妊娠による生理的なインスリン抵抗性の増大を反映して糖負荷後血糖値は非妊時よりも高値を示す。そのため、随時血糖値や75gOGTT負荷後血糖値は非妊時の糖尿病診断基準をそのまま当てはめることはできない。

これらは妊娠中の基準であり、出産後はあらためて非妊娠時の「糖尿病の診断基準」に基づき再評価することが必要です。

妊娠糖尿病の原因

妊娠時には、血糖値を上げるホルモン(インスリン拮抗ホルモン)が胎盤で産生されます。
そのため、妊娠中期以後にインスリンが効きにくくなり、血糖値が上昇しやすくなります。

通常なら、インスリン抵抗性が増大する時期には、代償性にインスリンを分泌して血糖値の調節をします。しかし、妊娠糖尿病は必要なインスリンを分泌することができず、血糖上昇をきたします。

下記のような場合には、血糖値が上昇しやすいと言われています。

  • 肥満
  • 糖尿病の家族歴を有する
  • 尿糖陽性
  • 先天奇形や巨大児の出産歴がある
  • 流産や早産歴がある
  • 35歳以上

妊娠糖尿病の症状

妊娠中に血糖値が高い場合には、母体だけでなく、胎児にも影響が出る可能性があります。
母体には早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症が、胎児には巨大児、新生児の低血糖などが起こりやすく、子宮内で胎児が死亡することもあります。

妊娠糖尿病の治療法

治療は食事療法が基本ですが、血糖値が非常に高い場合にはインスリン療法が必要です。

妊娠中に血糖値が高くなった女性は、将来的に糖尿病になりやすい傾向がありますので、出産後も時々血糖値を測定し、高血糖の早期発見・早期治療を心掛けます。

糖尿病の検査

当院では、迅速に血糖値やHbA1cを検査することが可能です。結果がすぐに分かりますので、治療方針をすみやかに決定することが可能です。

  • 糖尿病検査機器
  • 糖尿病検査機器

糖尿病の合併症について

三大合併症を引き起こします。

神経障害(手足のしびれ、壊疽)
手足のしびれや痛みが出る場合もあります。
網膜症(失明)
失明の原因第2位が糖尿病性網膜症です。
腎症(蛋白尿、浮腫、透析)
透析の原因第1位が糖尿病です。

また、糖尿病によって動脈硬化が進行すると、脳梗塞や心筋梗塞などを発症するリスクが高くなります。

PAGE TOP